インクジェットの購入を検討中の方向け~おすすめサイト比較

インクジェットプリンターの選び方

 インクジェットプリンターは、基本的に黒のインクと、赤、青、黄の三色で成り立つカラーインクのカートリッジを使うものが圧倒的に多くなっています。ただ、最近は写真印刷を自宅で行う人が増えたこともあり、写真がきれいに仕上がるようにするために、もっとたくさんのカラーインクを使えるタイプのプリンターも登場しています。インクジェットプリンターを買うときには、どのような目的でプリンターを使用するのかを明確にしてから機種を選ばないと、非常にたくさんのインクカートリッジが必要になったり、インクカートリッジそのものが非常に高いインクジェットプリンターもあります。年に一度、年賀状作りのために使う程度という人であれば、汎用性の高いインクカートリッジを使うプリンターなら、純正品を使わずに使えるので経済的です。

 かつては、インクジェットプリンターで印刷しても、しばらく待たないとインクが乾かず、重ねて置くと色が移ってしまうことがありました。しかし、最近のインクジェットは進化しており、次々と印刷し、印刷物が上にどんどん乗っていっても、色移りすることはほとんどありません。そうなると、一年に一度、年賀状作成のためだけにプリンターを使うのではなく、もっと生活のさまざまな場面で使うと便利になりそうです。スマートフォンと連動させることができるプリンターの場合、多くは写真がきれいに印刷できるような造りになっているため、写真印刷が楽しみになる可能性があります。スマートフォンがあれば、写真撮影そのものも簡単ですし、そのプリントもさらに簡単にできるとなれば、プリンターを奮発して買うのもよさそうです。

 写真印刷には、たくさんのインクが使えた方がきれいに仕上がりますので、単色のインクカートリッジを使うプリンターがおススメです。一方、やはりそれほど印刷しないという人であれば、純正品のインクカートリッジ以外でも使えるような、多くの人が使っているインクジェットプリンターを買っておけば、印刷のコストを安く抑えることができます。プリンターそのものの値段も安くなってきていますので、インクジェットプリンターを買う時には、必ず事前にインクカートリッジの値段を確かめ、高すぎるインクを使うタイプは避けた方が無難です。場合によっては、プリンターの買い替えの方が、インクカートリッジを買うよりも安いという事態になりかねないことから、インクジェットプリンターの進化には注意を払う必要があるといえます。

次の記事へ

PAGE TOP