インクジェットの購入を検討中の方向け~おすすめサイト比較

インクジェットプリンターの特徴とレーザープリンターとの相違点

 画像、あるいは資料それから、グラフや、図表などをシェアする際に、データ数値を活用することによって表示する要素が強くなってきたとはいえ、今になってもプリンターよりプリントアウトするシチュエーションは多いでしょう。事務所においてプリンターが備え付けられているのはもちろんですが、プリンターの取り付けを行っている一般家庭も少なくありません。そしてプリンターに関しては、レーザー及びインクジェットの2種類があります。インクジェットプリンターについては、圧力、あるいは熱を加えてインクを微粒子の状態にして、用紙に対して吹き付けることを通じて印刷を実施します。インクジェットプリンターにつきましては、インクをダイレクトに吹き付けることによって、レーザープリンターには実現することができない緻密な印刷ができるようになっています。

 レーザープリンター及びインクジェットプリンターの相違を考察する上で、印刷のスピードは重要と言えます。個々の印刷スタイルによるものですが、早いプリントアウトが可能なレーザープリンターにくらべて、インクジェットプリンターを踏まえての印刷は遅くなります。一方電源を入れてから、印刷が行えるようになるまでの事前準備の時間はレーザーに比べて、インクジェットの方が早いと言えます。 更に、カラーの再現性に関しては、インクジェットプリンターのほうが秀でていますが、普通紙でしたら滲んでしまう可能性があります。その反対にレーザープリンターは普通紙においても滲まないことから、インクジェットプリンタレベルの再現性が無いといえます。 費用面で対比させてみると、必要な条件によりまして優劣が異なります。これに関しては印刷枚数によって変化し、少数のであればインクジェットが低コストであり、多い場合はレーザーのほうが低コストになります。

 写真、あるいはイラストといった印刷がメインであれば、インクジェットプリンターがお薦めです。インクジェットプリンターは再現性が非常に高いことから写真に適しています。 レーザープリンターに比べてコンパクトで軽量ですので、設置する場所にさほどスペースを要しないというアドバンテージがあります。家の中であれば多量に印刷する局面もあまりないでしょうし費用面も安心することができます。 初期に対するコストを安く済ませたい場合もインクジェットプリンターが適しているでしょう。予算が少なく、ひとまず印刷することができる周辺環境がほしいケースなどはインクジェットプリンターを選択した方が良いでしょう。 しかしながら、インクジェットプリンターで普通紙に対して印刷を行なうと、色そのものが滲んでしまうこともありますから、専用とされる光沢紙が要ります。

PAGE TOP